【機動戦士ガンダム 名台詞集】ガルマ「シャア…、謀ったな。シャア!」

「シャア…、謀ったな。シャア!」(byガルマ・ザビ)

IMG_6751

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第10話「ガルマ散る」の

ガルマ・ザビのセリフ

「シャア…、謀ったな。シャア!」

について語ってみましょう。

 

その舞台に待つ悲劇

急激な人口増加に対応する為に、地球の衛星軌道上及びその周辺に建造された円筒形の

人工大陸スペースコロニー。

人類がそこで暮らすようになって半世紀。

コロニーの一つサイド3がジオン公国を名乗り、地球連邦に独立戦争を挑んで来た。

 

戦況が膠着状態に陥ってから八か月後。

サイド7に於ける地球連邦軍の機密・V作戦を探るジオン軍の行動が戦況を動かす。

サイド7から脱出に成功し地球に到達したV作戦の中心である戦艦ホワイトベースであったが、

ジオン軍少佐シャア・アズナブルの追撃により北米大陸へと追い込まれる。

 

北米はジオン軍の占領している地域であり、

そこに突撃機動軍地球攻撃軍司令として赴任しているガルマ・ザビは、

ジオン公国を支配するザビ家の末弟である。

低下しているとは言え、それ相応の戦力を有する連邦軍の攻撃を退け占領部分を維持するなど、

ガルマの実力は親の七光りなどと言う陰口を払拭出来る物であった。

 

士官学校からの友人であるシャアの協力があればホワイトベースを叩けると踏んだガルマであったが、

幾度となく攻撃を仕掛けるものの成果は挙げられない。

父親、兄姉、そして何より恋人に認められたいと願う彼の純粋な思いは、

頼りにしていた親友によって脆くも崩れ去ってしまう。

FullSizeRender

シャアの策略に嵌った事に気づいたガルマは、

ホワイトベースの後方からの急襲により大破した大型飛行空母ガウのブリッジで叫んだ。

「シャア…、謀ったな。シャア!」

目標のホワイトベースを間近に捉えた時、自ら操縦桿を握り特攻せんとする無念のガルマ。

裏切られてもなお、結果を残そうとする男の意地がそこにはあった…。

 

「シャア…、謀ったな。シャア!」

 

ガルマ・ザビ。

ザビ家の末弟であり、容姿端麗。

その秘めたるポテンシャルは父デギン、兄ドズルをして将来有望と思わせていた辺り、

彼は只のお坊ちゃんではありませんでした。

 

実際に占領地を維持するだけでも相当のエネルギーを要する作業と思われるのに、

見事にこなしている。

それ故に彼は自信を持っていたのでしょう。

連邦軍の新型兵器が来ても自分なら対抗出来ると。

しかし、ホワイトベース等の想定以上の性能に敗北を喫します。

 

とは言え、ガルマの戦術はシャアも感心する程であったのも事実。

もし、シャアの妨害工作等が無ければ、ホワイトベースも無事に北米大陸を脱出出来たかどうか…。

では、ガルマが死ぬに至った最大の理由は何だったのでしょう。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

それは彼の実戦経験が乏しかった事でしょうか。そう、色々な人生経験と言う名の実戦の…。

お坊ちゃん故に他人を信用し過ぎると言う人の良さ。

ジオン軍内にザビ家に反抗する者の存在などいる筈が無い思い込み。

立派な功績を挙げているにも拘らず、より認められたいと言う若さゆえの野心。

 

言うなれば、育ちの良さが彼の運命を決めていたのでしょう。

決定的だったのはシャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)との出会いでしょうが。

無二の親友と思っていた者の突然の裏切り。

この時彼の胸に去来したのは、シャアへの怒り、ザビ家の男としての意地、

そして…永遠に結ばれない者への思慕でした・・・。

自分が裏切られる、ましてや親友と思っていた者に。

彼がその瞬間感じた絶望は、如何ばかりの物であったでしょう…。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

ガルマ・ザビのセリフ「シャア…、謀ったな。シャア!」について語ってみました。

1970年代後半のロボットアニメには〈美形悪役キャラ〉が人気を集めていました。

(『勇者ライディーン』シャーキン、『コン‐バトラーV』ガルーダ、『ボルテスV』プリンス・ハイネル、

『闘将ダイモス』リヒテル他)

この放送当時ならガルマもそう呼ばれてもおかしく無いのですが、

その様に呼ばれたのをあまり聞きません。

 

それは取りも直さず、ガルマ(及び、『機動戦士ガンダム』のキャラクター)が

より視聴者に近いと捉えられていた証左と思われます。

シャアの真の目的を浮かび上がらせ、ザビ家の作品内での立ち位置をも示してくれた彼もまた、

重要なキャラクターの一人でありました。

決して、凡庸なお坊ちゃんでは無かったのです。

 

ガルマへの手向け 360℃ 動画

 

関連記事

 

 

 

ガンダムキャラ特集

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ