ガルマ・ザビ名言『これなら必ず勝てる』の意味や背景と使い方は?

ガルマ・ザビ名言

『これなら必ず勝てる』

の意味や背景と使い方は?

 

お坊ちゃんで甘さを時折指摘される

ガルマ・ザビ。

 

今回はガルマ・ザビ名言の

「これなら必ず勝てる」

の意味や背景と使い方についてお届けします。

 

 

「フフ、これなら必ず勝てる」ガルマ・ザビ名言

避難民を降ろす間の休戦期間を利用し、

ジオン軍、連邦軍の双方が

次の作戦準備に励みます。

 

ホワイトベースが進んでいる峡谷の出口に

地上部隊を展開したガルマは、

勝利を確信していたのですが・・・。

 

 

策を巡らせているのは自分だけではありません

峡谷の出口を半包囲するように

布陣する一方で後方は地上部隊を

展開できない湖となれば、

戦術的には優利です。

 

そこにドップによる航空戦力と

マゼラアタックからなる地上部隊を

展開するのです。

 

地形も戦力面でも優勢を

確保したこの状況では、

シャアでなくとも

”これで勝てないようでは

指揮・作戦能力に問題がある”

と思われても仕方がないでしょう。

 

しかし、戦いには相手がいます。

当然彼らも自身の勝利の為に

様々な方策を用いてきます。

 

その一つとして、

相手の作戦を予想し、

その欠点や脆弱な場所を突くのです。

 

日頃の仕事の中でも、

他社とは常に競合しています。

 

相手に勝つため情報を収集、分析し、

より多くの顧客と利益を獲得するために

計画を立てています。

 

その活動の中で、

相手をベンチマークすることは、

もはや常識でしょう。

 

相手の置かれた状況から出方を予想すると共に、

対抗策を準備します。

怠れば思わぬところを

突かれてしまうのです。

 

 

常に状況を見ましょう

兵法書としてもビジネス書

としても有名な「孫子」の中で、

作戦に関して「故に兵は拙速を聞く、

未だ功の久しきを覩(み)ざるなり」

という文があります。

 

作戦を練るのに時間をかけるよりも、

(少々まずい作戦でも)

すばやく行動して勝利を得ることが

大切とのことです。

 

自分が考え込んでいる間に、

相手が備えを固めてしまっては

攻めあぐねてしまいます。

 

そもそも作戦計画の前提となる条件が

変わってしまいます。

 

自分の策の前提となる条件が

変わってしまう前に行動を起こさなければ、

勝てる勝負でも勝てないでしょう。

 

ビジネスの紹介記事においても、

成功事例の多くで

”走りながら考えていた”

ことが挙げられています。

 

常にP(計画)D(実行)C(確認)A(改善)の

サイクルを回すことが必要なのです。

 

劇中において、

休戦中の期間に地上戦力を補強すれば

勝利に近づくと言うガルマを、

シャアはお坊ちゃん育ちで

甘いと評していました。

 

戦争でもビジネスでも、

自分たちの強みと弱み、

相手の強みと弱みを常に比較しなければ

勝利は望めません。

 

北米のジオン軍においては、

自軍は数で勝るのですから、

絶え間ない攻撃で相手を

疲弊させればよいのです。

 

”必ず勝てる”布陣を敷いている暇があったら、

さっさと仕掛けるべきでしたね。

 

 

まとめ

今回は

ガルマ・ザビ名言

「これなら必ず勝てる」

の意味や背景と使い方についてお届けしました。

 

■「フフ、これなら必ず勝てる」ガルマ・ザビ名言

⇒勝利を確信していたガルマの発言

 

■策を巡らせているのは自分だけではありません

⇒相手も作戦を予想し、その欠点や脆弱な場所を突く

 

■常に状況を見ましょう

⇒”必ず勝てる”布陣を敷いている暇があったら、

さっさと仕掛けるべきだった

 

ガルマ・ザビのこの名言には

詰めの甘さを指摘せざるを得ず、

すばやい行動=勝利に繋がることを

実感させられます。

 

作戦が固まっていたら、

急がば回れではなく、

即実行する決断力が必要ですね。

 

   

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ