【機動戦士ガンダム 名台詞集】ランバ・ラル「フフフ…この風、この肌触りこそ戦争よ!」

「フフフ……この風、この肌触りこそ戦争よ!」(byランバ・ラル)

“ゲリラ屋”の血が騒ぐ時
9302bbb77565f39e20093ce66a9c0ed3_s

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第20話「死闘!ホワイトベース」内の

ランバ・ラルのセリフ

「この風、この肌触りこそ戦争よ!」

について語ってみましょう。

 

変化する状況の中で

地球連邦軍戦艦ホワイトベースを追い詰めながら、今一歩攻めきれずにいるジオン軍ランバ・ラル隊。

主力であるモビルスーツを次々と失った彼らに、補給が届く事はなかった。

ジオン軍内部―と言うよりは、ジオン公国を支配するザビ家間―の権力闘争による駆け引きの煽りを受け、

意図的に補給を断たれたのだ。

残存兵力で可能な戦術をモビルスーツ戦からゲリラ戦に切り換え、改めてホワイトベースに挑むランバ・ラル隊。

これからの戦闘に興奮するかのように、ラルは不敵に言い放った。

「フフフ……この風、この肌触りこそ戦争よ!」

そして、ホワイトベースの未熟者達と戦闘のプロであるランバ・ラル隊の白兵戦が始まった。

 

「フフフ……この風、この肌触りこそ戦争よ!

愛機グフを失ったランバ・ラルの元に届いた新型モビルスーツ・ドム補給の知らせ。

それを聞いたラルの期待は「補給船撃墜」の報告と共に落胆へと変わります。

その裏で行われている駆け引きの存在を感じていたかどうかは分かりませんが、

一瞬の落胆の後、即座に現時点での最適な戦法に変える事が出来るのがランバ・ラルの強さとも言えます。

(ゲリラ戦しか方法が残っていないと言うネガティブな見方も出来ますが、ラルの自信に満ちた姿が、それを感じさせません)

モビルスーツ戦が主流のこの時代。

別の戦法を持っているのはおそらく彼位しかいなかったのでしょう(現に、虚偽の報告を行ったジオン軍兵士はラルの事を

〈この時代には珍しいと言う意味で〉「いくさ馬鹿」と形容しています)。

この臨機応変な対応が生み出した状況は、もしかしたらランバ・ラルが無意識に待ち望んでいた状況だったのでは無いでしょうか。

 

自らをゲリラ屋と称するランバ・ラル。

生身で敵陣ホワイトベースに乗り込む時、それまでの戦場での感覚が甦ったのか、

興奮し不意に口をついて出たのがこのセリフでしょう。

自分の本来の舞台で、より真価を発揮する事が出来る。

 

彼のみならず、この様な人は現実にもいます。

その行動への自信もセリフに込められている様に感じますね。

敵・地球連邦軍モビルスーツ・ガンダムの操縦者が少年と知ったランバ・ラルは、

劣勢状態の自軍に形勢逆転の機会があるかも知れないと思ったかも知れません。

しかし、その戦況は彼が予想だにしなかった要素の登場によって変化する事になります…。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

ランバ・ラルのセリフ「フフフ……この風、この肌触りこそ戦争よ!」について書いてみました。

この短いセリフとそれまでの描写で、キャラクターの過去・心理が連想出来るなんて、

面白い事じゃ無いですか。

本当、意外とセリフの総量は少ないんですよね、ランバ・ラルって…。

でもこれって、キャラクターに魅力を持たせるのは饒舌だけではダメと言う

一つの証明では無いでしょうか?オッと脱線…。

 

 

関連記事

 

 

 

ガンダムキャラ特集

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ