【機動戦士Zガンダム 名台詞集】ハマーン「俗物」,シロッコ「生の感情丸出し」

根拠の無い自信の持つ危うさ―

IMG_8223

1985年に放送された『機動戦士Zガンダム』は、

1980年1月に放送を終了した『機動戦士ガンダム』の直接の続編として制作された番組。

『ガンダム』から『Z』までの5年間にアニメ界の状況も変化して行き、

特にTVアニメを見て育った若手の参加が著しく目立った頃でもあります。

 

『Zガンダム』は、そんな様々な世代のスタッフが混在する中で作られました。

そして出来上がった物は『ガンダム』で見られた熱い描写を古臭いとして排除した物でした。

直接の続編でありながら、「陽」と「陰」とも呼べる両極端な作風の違い。

 

冷徹な世界観、歪な人間関係、なまじキャラクター描写に注力する為に増す生々しさ。

ここでは、その生々しさから発せられるキャラクターの言葉を取り上げて

『機動戦士Zガンダム』の一端について語ってみましょう。

 

『機動戦士Zガンダム』ストーリー

宇宙移民(スペースノイド)の独立を求めて、

スペースコロニー・サイド3がジオン公国を名乗り地球連邦に仕掛けた戦争が終結してから、

七年が経過した宇宙世紀0087。

 

勝利した地球連邦政府は地球及び地球圏、そしてスペースノイド達へのより強固な支配を狙い、

私兵集団ティターンズを結成。

権力を盾に傍若無人に振る舞うティターンズに対抗する為に結成された反連邦組織エゥーゴは、

その暴挙を止める為に行動していた。

 

その二つの勢力に新たに参戦するジオン軍残党のアクシズ軍。

この三つどもえの様相が、宇宙に新たな刻の涙を流させる事となる・・・。

 

ハマーン・カーン

アクシズ軍を指揮する若き女性。

ザビ家が崩壊し解体状態にあったジオン軍を再構築して、

改めてスペースノイドの自治権を取得する為に武力と交渉を巧みに使い分ける。

若くして混乱を収めたと言う事でアクシズ軍兵士たちのカリスマ的存在ともなっている。

 

本人もそれを自覚しており高貴に振る舞うが、

自分に相反する者には静かな怒りの感情を表わす等、

若さゆえの自覚しない未熟な危うい部分も持ち合わせている。

 

スポンサーリンク
 

 

「よくもずけずけと人の心の中に入る。恥を知れ、俗物!」

ハマーンも『ガンダム』世界で誕生した人の革新形・ニュータイプの能力を持っています。

勿論意識して精神感応のコントロールは行いますが、戦場に於いては常時出来るとは限りません。

しかも不意に強い精神波を感じると露骨な不快感を表します。

 

しかし幾ら自分が軍の指揮者と言う立場にあるとは言え、

他人を〈俗物〉と侮蔑するのは少しやりすぎでは無いかと思われます。

だけどこの事は、〈気を張らなければいつか自分が壊れる〉

と言うハマーンの自覚しない弱さの表れかも知れません。

最も、無作法者を叱責するのは当然ですがね。

 

「貴様は確かに優れた資質を持っているらしいが、無礼を許すわけには行かない」

自分の力を分かっていてアクシズ軍をまとめ上げた(と思われる)ハマーンは、

他人の能力についてもそれなりに評価する度量を持っています。

 

しかし有能だからと言って無造作に放置すれば、

悪影響が本人だけでは無く周辺にも累を及ぼす事になりかねません。

上に立つ者の責任を感じさせる言葉でもあります。

 

パプテマス・シロッコ


〈木星帰りのニュータイプ〉として途中より参戦したティターンズ所属の軍人。

その静かな口ぶりで女性たちを戦陣に立たせるカリスマ性を持つ美形。

しかしその実態は、女性を自分の野望を達成させる為の単なるコマとしか見ていない、

選民意識むき出しの成り上がり下衆野郎である。

 

「生の感情丸出しで戦うなど、これでは人に品性を求めるなど絶望的だ」

戦場をコントロールしているのが自分だと言わんばかりの不遜な態度。

彼のこの発言、一見正論のように思えますが、勝敗を決する主たる要因はやはり感情。

人の奥底に宿るモノを見せつけられた時、シロッコは狼狽します。底の浅さが知れますね。

 

最も忌み嫌うモノ―感情―に自分も飲まれた時、彼は足掻く様に感情をさらけ出します。

それまでのすました彼を見ていると、滑稽でしかありません。

品性?彼の何処にあるのでしょう。人間、一皮むけば無様です。

 

まとめ

ハマーン・カーン、パプテマス・シロッコのセリフについて書いてみました。

三つに共通するのはいずれも上から目線での発言であると言う事。

ハマーンの言葉は礼儀と言う所で共感できる部分もありますが、

シロッコのそれは単なる青臭い理想論に過ぎません。

 

ハマーンにとっては、クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)の優柔不断な態度も、

シロッコの自己陶酔然とした行動も腹立たしいモノに違いなかったでしょう。

立場が言葉に説得力を持たせると言うのは、往々にしてあるものです。

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ