【機動戦士ガンダム 名台詞集】カイ・シデン「よろしいもよろしくないもないんでしょう?」

「よろしいもよろしくないもないんでしょう?」(byカイ・シデン)

IMG_6846

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第3話「敵の補給艦を叩け!」の

カイ・シデンのセリフ

「よろしいもよろしくないもないんでしょう?」

について語ってみましょう。

 

望むと望まないに関わらず―

急激な人口増加に対応する為に、地球の衛星軌道上及びその周辺に建造された円筒形の

人工大陸スペースコロニー。

人類がそこで暮らすようになって半世紀。コロニーの一つサイド3がジオン公国を名乗り、

地球連邦に独立戦争を挑んで来た。

 

戦況が膠着状態に陥ってから八か月後。

サイド7に於ける地球連邦軍の機密・V作戦を探るジオン軍の行動が戦況を動かす。

サイド7と地球の間にある連邦軍の前進基地ルナツー宙域。

サイド7から脱出したV作戦の中心機密である戦艦ホワイトベースとガンダム等のモビルスーツ群は、

追撃して来るジオン軍に討って出ようとする。

 

ガンダムの思わぬ抵抗によって減少した戦力を補給しようとする今こそ、ジオン軍への攻撃の

好機と捉えたのだ。

相手の戦力が整えば次に勝てる保証は無い。

ホワイトベースとガンダム達による、補給中の戦艦二隻への攻撃が開始された。

 

サイド7からの避難民として乗艦していた少年カイ・シデン。

ホワイトベースのビーム砲射手を担っていたが、大型特殊免許保持者と言う事から、

攻撃の勝率を上げられるとして長距離援護用モビルスーツ・ガンタンクへの搭乗を

余儀なくされてしまう。

「よろしいもよろしくないもないんでしょう?」

憎まれ口を叩きながらも、搭乗拒否もせずにガンタンクを操縦するカイ。

 

アムロのガンダム、リュウのコアファイターの助けもあり、見事補給艦に致命傷を負わせる事に成功した。

戦果を挙げた事に浮足立つカイ。

しかし、彼らの戦いの旅はまだ始まったばかりであった。

 

「よろしいもよろしくないもないんでしょう?」

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

前回、無気力な返答をした為にセイラ・マスにぶたれると言う登場をしたカイ・シデン。

普通ならその他大勢の中に埋もれてもおかしくないキャラクターですが、

なぜか彼はメインキャラクターとして活躍します。

 

『機動戦士ガンダム』を最後まで見ると分かるのですがメインキャラクターの内で、

アムロ・レイはニュータイプとして覚醒しますし、ハヤト・コバヤシは逆に成長をしない(させない)

普通のキャラとして描写されました。

 

そんな中でカイ・シデンは反抗的な十代の視聴者の代表として、より身近に感じられる様に

演出されています。

反抗的でも言われた事には従う。

このセリフは〈現状に於いては抗ってみても意味が無い〉事を悟ったかの様な口ぶりです。

では、彼は死んでもいいと思っていたのでしょうか?

 

否、初めてガンタンクを操縦した時の彼は必死でした。

それは、生き延びたいと言う本心からの行動でもありましょう。

だからこそ、戦闘が終わった後に生き延びられた安堵感から軽口を言う。

若干ひねくれ屋で減らず口を叩く。

上と重複しますが、意外とアムロよりカイの方が私たちに近いのかも知れません。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

カイ・シデンのセリフ「よろしいもよろしくないもないんでしょう?」について語ってみました。

この様な戦闘状態に於いて、こんなに素直に〈腹をくくる〉事が、今の私達に出来るでしょうか?

 

思うに、本作を制作されたスタッフはギリギリ第二次世界大戦の雰囲気を皮膚感覚で

知り得る方々です(主に脚本)。

国防の大義名分の元、自分の意志に関わらず召集令状(赤紙)で決められる運命。

ふと、このカイの様な感情を持った者も多かったのではないでしょうか。

 

しかし、スタッフが託したのは大義名分に従う事よりも、まず生き延びろと言う事では無かったのでは

ないかと思います。

言い方一つで重く聞こえるこのセリフを、敢えて軽く言わせる演出には改めて感心します。

 

ガンキャノン360℃動画

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ