セイラマスの名言「余計なことは言わないで!」の意味や背景は?

セイラ・マスの名言

「余計なことは言わないで!」

の意味や背景は?

 

強気な発言もいくつか残している

セイラ・マス。

 

今回はセイラ・マス名言の

「余計なことは言わないで!」

についてお届けします。

 

 

「余計なことは言わないで!」セイラマス名言

負傷した正規軍人たちに代わり、

セイラたち民間人がホワートベースを

運用してルナ2を目指していました。

 

途中、シャアのムサイが補給艦と

合流するのを察知したホワイトベースの一同は、

補給中のムサイを襲撃することにしました。

 

ガンタンクで発進時、管制にあたる

セイラの名を確かめようとしたカイを

セイラは冷たくあしらうのでした。

 

 

余計なことは断りたいですね

どこの組織でも、一言多い輩はいるものです。

 

当人にとっては、悪意のない何気ない一言でも、

受け取る方は、そういう訳ではありません。

ときには”カチン”とくることもあります。

 

単なる日常会話なら

聞き流しておけばよいのですが、

困るのが都合の悪い”お誘い”です。

 

何か上手に断る方法がないものか、

思案してしまいます。

 

相手が押しの強い人や職場の上司ですと

誘いを断ることができず、

渋々応じることもありますよね。

 

角が立たない上手な断り方を知りたい!

と思うことは一度や二度ではないでしょう。

 

気が乗らない誘いを断るために

私たち日本人は、幼いころから、

周囲との和、協調が大切と教えられてきています。

 

そのため、”誘いを断る=和を乱す”とか

”相手を拒絶する”イメージに引っ張られ、

誘いを断るのに抵抗を感じるのです。

 

ここで、重要なのは「断る/NO」は

決して相手に対する拒絶に当たりませんし、

我儘でもありません。

 

むしろ、変な我慢をして受けたくもない誘いを

受けるほうが後の関係に悪影響を残します。

 

もちろん、その場をあやふやにした返事

(例えば「できたら行きます」など)で

態度を保留するのも相手からすれば

困りものです

(宴会の幹事の経験を思い出してください)。

 

ですが、「断る」際にも気配りは必要です。

自分の気持ちの赴くまま「NO」を

言ってしまってはマイナスです。

 

良い関係を維持しながらも「断る」のなら、

次の関係式を意識しましょう。

 

丁寧なお断り=残念な気持ち (+ できない理由) + 代わりの案

 

まずは「お誘いいただきありがとうございます」

など感謝とあわせて

「せっかくのお話(お誘い)なのに・・・

応えられずにすみません」

と残念な気持ちを伝えましょう。

 

できない理由は、

伝えても(明らかにしても)問題ないものならば、

相手の納得を得るために伝えた方がよいでしょう。

 

最後の”代わりの案”が大切です。

代案を示すことは、

“本来なら(あなたの話しに)応じますよ”

ということを示す有効な方法だからです。

 

特に仕事上の関係では重要です。

 

できない理由は無理に言う必要はありません

断る理由を伝えることは、

相手の理解を得る上で役立ちますが、

反面相手の気持ちを損ねることもあります。

 

断るときによく使われる

「先に○○があって」というものがあります。

 

先に交わした約束を守ることは大切ですが、

状況によっては”(相手の)依頼”より

”○○”を優先させることで相手を不愉快に

してしまう場合があります。

 

また多くの場合、断る理由は自分の都合を

補強するために口にしているだけであって、

相手を思っての言動ではありません

 

欠席届等の理由が必要な場合は別として、

無理に理由を言う必要はないのです。

 

「断る」ことは、相手との関係を

損ねるかのようなイメージから、

エネルギーを必要とします。

 

ですが、丁寧な断り方をすれば

関係を損ねることはまずありません

 

セイラさんのように上から目線で

きっぱり断れれば何も苦労しませんが、

私たちはお付き合いに配慮した

丁寧な断り方に徹したいと思います。

 

もちろん、これっきり付き合いたくない相手には、

セイラさん風の断り方をおススメしますけど。

 

まとめ

今回は

セイラ・マス名言

「余計なことは言わないで!」

の意味や背景についてお届けしました。

 

■「余計なことは言わないで!」セイラ・マス名言

⇒管制にあたるセイラの名を

確かめようとしたカイを冷たくあしらった

 

■余計なことは断りたいですね

⇒角が立たない上手な断り方で断りたいが・・

 

■気が乗らない誘いを断るために

⇒丁寧なお断りが大事

 

■できない理由は無理に言う必要はありません

⇒理由を述べることは、

反面相手の気持ちを損ねることもある。

 

セイラ・マス名言には

断り方を見直すきっかけを与えてくれます。

相手に嫌な思いをさせず、気持ちよく断ることは

難しいですが、丁寧な断り方ができるようにしましょう。

 

 

   

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ