【機動戦士ガンダム 名台詞集】アムロ・レイ「こいつ、動くぞ・・・」

「こいつ、動くぞ・・・」(byアムロ・レイ)

IMG_6296

 

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第1話「ガンダム大地に立つ」でのアムロ・レイのセリフ

「こいつ、動くぞ・・・」

について語ってみましょう。

 

それは起動の時―

急激な人口増加に対応する為に、地球の衛星軌道上及びその周辺に建造された円筒形の

人工大陸スペースコロニー。

人類がそこで暮らすようになって半世紀。コロニーの一つサイド3がジオン公国を名乗り、

地球連邦に独立戦争を挑んで来た。

 

戦況が膠着状態に陥ってから八か月後。

サイド7に於ける地球連邦軍の機密・V作戦を探るジオン軍のモビルスーツ隊の行動が

戦況を再び動かす。

 

入港しているV作戦の中心機密である戦艦ホワイトベース。

そこに搬入されんとするモビルスーツを乗せた運搬用トレーラーに向けて、

ジオン軍兵士ジーンが功を焦り操縦するモビルスーツ・ザクで攻撃を仕掛けて来たのだ。

 

連邦軍技術士官テム・レイを父に持つ、何処にでもいる普通の少年アムロ・レイ。

攻撃によって自分の目前で先ほどまで会話をしていた知人が、無残にも殺されてしまう。

その感情を悲しみから怒りへと変えたアムロは偶然手にした操縦マニュアルを持って、

モビルスーツ・ガンダムの乗るトレーラーに近づく。

覆っているカバーをめくり扉の開いていたコックピットを覗き込むと思わず呟いた。

「こいつ、動くぞ・・・」

主要電源が入っている事をコントロールパネルの一部の点滅が知らせていたのだ。

これ以上の被害を出さない為にガンダムに乗り込むアムロ。

その眼前にジーンのザクマシンガンの銃口が迫る!

 

―ここにアムロの、いや、ガンダムのいつ果てる事の無い戦いの日々が始まった…。

 

 

スポンサーリンク
 

 

この後起動して上半身を起こし、

両眼を光らせたその時からガンダムのモビルスーツとしての歴史が始まります。

宇宙世紀のみならず様々な平行世界に於いても知られる、象徴としての〈ガンダム〉の名。

 

それのオリジナルを初めて動かした時、アムロの胸に去来した者は何だったのでしょうか。

・・・最も、そんな悠長な事も言っていられない状況です。

幼馴染の少女フラウ・ボゥの家族の敵討ちよりも、まず生き延びる為に必死なのですから。

 

そう、ガンダムに呼ばれた(敢えて、こう書きます)多くのパイロット達は極限状況の中、

その人としての営みを続ける場と時を守る為に戦います。

その乗る理由が衝動であろうが、強引であろうが結局は飲み込まれてしまいます。

それはまるで〈ガンダムの呪い〉とも呼べる引力によって為されている様にも見えます・・・。

 

アムロのこの言葉は、後の時代から見れば、時代の明確な変化を示す節目の様にも感じます。

 

まとめ

 

アムロ・レイのセリフ「こいつ、動くぞ・・・」について語ってみました。

巨大人型兵器モビルスーツの存在が常態化しているとは言え、

初めて見る機械を何のためらいもなく操ると言うのは、これも若さゆえの特権と言う物でしょう。

現実にも新しいモノが得意な若手、苦手な壮年(と言うよりは中年)と言う図式はよく聞かれます。

(これねぇ・・・

私の皮膚感覚だと必ずしもこうとは言えないんじゃ無いかって思ったりもするんですよ。

スマホ操作が得意なお年寄り、パソコンが扱えない若者等なんてそこら中に存在しますし。

得てしてマスコミは膠着した昔語りで済まそうとするから、

ネット上で馬鹿にされたりするんですよね…閑話休題)

 

『機動戦士ガンダム』制作時にスタッフが考えたこれからの若者の最大公約数

(=視聴者の大半の分身)の姿を「やや内向的で、引きこもりがち。

パソコンなどの機械基本操作は常識」等の要素を持つと予想し、

アムロ・レイを想像したのでしょう。

 

状況の変化によって動かざるを得ない存在・・・私たちも言うなればこの世界に

生きるキャラクターにしか過ぎないのかも知れません。

 

関連記事

 

 

 

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ