【機動戦士ガンダム 名台詞集】アムロ・レイ「だ、駄目だ、前へ進んじゃ駄目だ」

「だ、駄目だ、前へ進んじゃ駄目だ。光と人の渦がと、溶けていく。あ、あれは憎しみの光だ」

byアムロ・レイ)

space-1486556_1280

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第41話「光る宇宙」での

アムロ・レイのセリフ

「だ、駄目だ、前へ進んじゃ駄目だ。光と人の渦がと、溶けていく。

あ、あれは憎しみの光だ」について語ってみましょう。

 

宇宙を裂く邪な光―

人口増加対策として、地球の衛星軌道および周辺に建造された人工大陸スペースコロニー。

その内の一つサイド3がジオン公国を名乗り地球連邦に仕掛けた独立戦争は、

最終局面を迎えつつあった。

約一年に渡る戦闘でお互いに戦力を失いながらも、戦況は連邦軍の優勢であった。

これ以上の戦闘の継続が、自国の崩壊に繋がる事を危惧するジオン公国公王デギン・ザビは

地球連邦との和平交渉に赴く。

ジオン軍最終防衛線である宇宙要塞ア・バオア・クーの宙域で、地球連邦軍大将レビル将軍の

乗艦マゼランに接近するデギンの乗艦グレート・デギン。

だが、そんな父の行動を嘲笑うかの様にジオン軍ギレン・ザビ総帥は、連邦軍の主力戦力の

三分の一が集結しているこの宙域に向けて、超巨大コロニーレーザー・ソーラ・レイから

レーザーを意図的に発射させた。

連邦軍の戦力を削ぎ、ジオン軍の完全な勝利の後に人類全体の支配を目論む…。

宇宙を走る巨大な光芒の中に満ちる悪意を感じたアムロが、マゼランより離れた宙域に

あるホワイトベースのブリッジに駆け込む。

「だ、駄目だ、前へ進んじゃ駄目だ。光と人の渦がと、溶けていく。あ、あれは憎しみの光だ」

それは本来なら同志となる存在だったララァを失った悲しみよりも、強大なる邪悪な意思に

震えるガンダムパイロット・アムロの叫びであった…。

 

「だ、駄目だ、前へ進んじゃ駄目だ。」

環境の変化が生んだ人の変革の形〈ニュータイプ〉として人間同士の洞察力を高めていた

アムロは遂に、レーザー光の周辺に漂う巨大な人間の意志をも知覚します。

以前、ギレンの弟ドズル・ザビとの戦闘時にも間近でその執念とも言うべきドズルの意識を感じた

アムロでしたが、今回は遠距離しかも無生物の意識を叫ぶ程に感じたのですから、

どれだけ彼の洞察力が自然に強化されているかが分かります。

そして、それはギレンの悪意の強さをも示している事にもなります。

邪悪な光芒を止める術の無いアムロは、その後に来る状況を予測したのでしょう。

ホワイトベース他の連邦軍艦隊を守る為に最初に停止を進言、その後に止める理由を語ります。

これは今までの戦闘等の経験が導き出した物で、彼の成長を物語ります。

そして周囲も驚きこそすれ、否定はしないんですよね。これも環境の変化と言えるでしょう。

形の無いモノに怯えながらも毅然と叫ぶなど、こう文章にしてみるとヒーローですね…。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

アムロ・レイのセリフ

「だ、駄目だ、前へ進んじゃ駄目だ。光と人の渦がと、溶けていく。あ、あれは憎しみの光だ」

について語ってみました。

本放送当時から、なぜか印象に残っているこの場面。おそらくはララァとアムロの一連の

意識の交感シーンに茫然としていた所に、強烈に飛び込んで来たからでしょうか。

アムロ役の古谷徹氏の、上でも書いた〈怯えながらも毅然と叫ぶ〉演技が上手いんですよ、これが

番組ラストへ向けての静かな緊迫感が表れている様にも感じられます。

 

関連記事

 

 

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ