【機動戦士ガンダム 名台詞集】スレッガー「俺にとっちゃあ・・少尉はまぶしすぎる・・」

「俺にとっちゃあ・・・少尉はまぶしすぎるんだ。世界が違うんだな・・・」(byスレッガー・ロウ)

IMG_6870

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第36話「恐怖!機動ビグ・ザム」の

スレッガー・ロウのセリフ

「俺にとっちゃあ・・・少尉はまぶしすぎるんだ。世界が違うんだな・・・」

について語ってみましょう。

 

戦火が灯す思慕の灯は―

急激な人口増加に対応する為に、地球の衛星軌道上及びその周辺に建造された円筒形の

人工大陸スペースコロニー。

人類がそこで暮らすようになって半世紀。

コロニーの一つサイド3がジオン公国を名乗り、地球連邦に独立戦争を挑んで来た。

劣勢にあった地球連邦軍であったが、

戦艦ホワイトベース及びモビルスーツ・ガンダム等の開発が徐々に状況を好転させて行く。

 

サイド7から地球に於けるジオン軍との戦闘の成果から、

充分な戦力になり得ると判断されたホワイトベースは正式に連邦軍に属する事となり、

ジオン軍防衛線である宇宙要塞ソロモンへと向かう。

戦況を優位に導きたい連邦軍と、ソロモンを死守せんとするジオン軍との戦闘が開始された。

 

その激闘の最中、スレッガー・ロウ中尉の操縦するガンダム用パワーアップパーツ・Gファイターが

左エンジン部被弾の為ホワイトベースに帰投する。

Gファイターの修理を行う僅かな時間。

待機場で軽く腹ごしらえをするスレッガーを心配したホワイトベース操舵手ミライ・ヤシマが彼に近づく。

 

その行動に驚くスレッガーだったが、

彼女の何やら思いつめた表情からその胸中を察して優しく語りかける。

「俺にとっちゃあ・・・少尉はまぶしすぎるんだ。世界が違うんだな・・・」

その微笑は、応える事の叶わない彼の思いの吐露でもあった…。

 

「俺にとっちゃあ・・少尉はまぶしすぎるんだ。」

IMG_7999

正式に軍属となり、新たに配属されたスレッガー・ロウ中尉を加えた

ホワイトベースがソロモンに行く前に立ち寄った中立地帯・サイド6。

ミライはそこで親同士が決めた婚約者の検察官カムラン・ブルームと再会します。

しかし離れていた時間は、二人の関係に変化をもたらしていました。

 

戦火をくぐり抜けて来たミライと、

非戦闘コロニー内で情報としての戦争しか知らないカムランの間に、

意識の齟齬が生じるのは当然とも言えるでしょう。

しかし、

ミライを心配し危険な目に遭わせない為にホワイトベースの盾となろうとするカムランの行動を、

彼女は今さら恩着せがましいと非難します。

 

その彼女の態度に手を上げたのがスレッガーでした。

優柔不断なカムランを叱咤し、彼の本気を認めろと語るスレッガーの力強さにミライは惹かれ、

やがて好意を持つ事となります。

 

激化する戦況の中、

カムランとミライのエリートとしての関係を見ていたスレッガーが言ったこの言葉は多分、

本心であったでしょう。

そして、それは自分以外の者と幸せになって欲しいと言う願いを込めたモノだったのかも知れません…。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

スレッガー・ロウのセリフ

「俺にとっちゃあ・・・少尉はまぶしすぎるんだ。世界が違うんだな・・・」

について語ってみました。

 

スレッガーにしてみれば、初めての居心地のいい場所であるホワイトベース。

新参者として乗組員と距離を置いてもいい彼は、逆にどんどん入り込んできました。

そしてそれは、それまで見えにくかったキャラクターの心情を浮かび上がらせる事に成功しました

(ブライト・ノアのミライへの思慕等)。

 

いい男と言うのは、キャラ造形にしてもストーリーを動かすにしてもいちいちカッコイイものですね。

 

別キットご参考!ビグザム不明キット塗装 改造 完成品360℃動画

 

関連記事

 

 

 

ガンダムキャラ特集

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ