【機動戦士ガンダム 名台詞集】スレッガー「俺もついてきたな。こんなきれいなウェーブ・・」とは

「ハハ!俺もついてきたな。こんなきれいなウェーブと御一緒できるなんて」(byスレッガー・ロウ)

異色の男がもたらすモノは

IMG_6875

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から劇場版『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』での

スレッガー・ロウのセリフ

「ハハ!俺もついてきたな。こんなきれいなウェーブと御一緒できるなんて」

について語ってみましょう。

 

変わる状況、変わる編成

ジオン軍が戦艦ホワイトベースの戦力を高く評価していると判断した地球連邦軍は、

本隊とは行動を異にする独立部隊として、ホワイトベースを囮として運用する事を決定。

ジオン軍の戦力を分散させるには最適の要素であると、連邦軍も認めた形である。

正式に地球連邦軍属となったホワイトベース乗組員たちの前に現れた一人の男。

当日付けで転属されてきたと語るその男の、挨拶もそこそこにミライに放った言葉は・・・。

「ハハ!俺もついてきたな。こんなきれいなウェーブと御一緒できるなんて」

男の名前はスレッガ-・ロウ。中尉ではあるが、その雰囲気は飄々とした人物である。

かくしてホワイトベースは連邦軍基地・南米ジャブローから発進する。

それを囮と知ってか知らずか、シャアの指揮する戦艦ザンジバルが後を追う…。

 

「ハハ!俺もついてきたな。こんなきれいなウェーブと御一緒できるなんて」

『ガンダム』に登場するキャラクターは、一言で人物像が分かる描き方をされているのが

多いのですが、スレッガーは〈キザに見えるけど好まれる〉と言った部分に

神経を注いだ様な感じを受けます。

演出のバランス一つで嫌な奴にもなりかねませんから。

 

年齢や経験などから、どうしても硬いイメージになっているホワイトベースの乗組員たち。

その中に現れたフランクな男。

初対面の女性に馴れ馴れしく、こんな事を言えばまぁ・・・そっぽを向かれますね。

とは言え、一応軍属となった者に「お嬢さん」とは言わずに、同僚として「ウェーブ」と

言う辺りはそれなりの礼儀をわきまえていると感じます。

その腕前は確かであり、戦場を生き延びてきたのもフロックでは無い事を見せつけてくれます。

自分の立ち位置もしっかりと認識した大人である、言うなれば二枚目半の兄貴分。

その物言いなどに緊張感が少し和らいだ感じを覚えた物です。

 

シリアスなドラマを緩和する為に柔らかいキャラクター=『ガンダム』では

カツ、レツ、キッカ達=がいますが、スレッガーはそれとは違う

柔らかさを番組にもたらしました。

最も、この心地いい雰囲気が戦況の激化を逆に強調する事になるのですが…

(対比の演出ですね)。

 

改めて見ていると、いわば戦場のプロである彼の参戦によって、

アムロ達モビルスーツパイロットの操縦技術が向上しているのをさり気なく

描く演出は上手いなと思います。

(ニュータイプの明確な描写が(TV版では)まだ無かった事もあります)

彼の登場は、それまで部分的にしか描かれなかったミライ、ブライトのドラマ

(いわゆる「お当番回」)を生み出す事になります。

そして、そのドラマにスレッガー自身も加わる事になって行きます…。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

スレッガー・ロウのセリフ「ハハ!俺もついてきたな。こんなきれいなウェーブと御一緒

できるなんて」について語ってみました。

この場面、劇場版『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』では物語の終盤になっています。

TV版もBパート(後半)と思い込んでいて、この文章を書く為にTV版を確認したら

何とAパート(前半)の最初の方でした。

いやはや、人の記憶とはあやふやですねぇ。

これも35年近い歴史が証明する物でしょう。記憶の混濁とはこういう事か・・・。

一次資料は大切ですね。

※余談

セリフの「ウェーブ」は『ガンダム』では女性兵士を指す言葉として使用されました。

本来の意味は〈女性の海上自衛官〉。

ちなみにTV版第31話「ザンジバル、追撃!」では「ウェーブ」の部分が「お嬢さん」となっており、

捉え方によってはスレッガーとミライの立ち位置が微妙に変わって感じられます。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ