アムロレイ名言「やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ」とは

アムロレイ名言

「やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ」とは

 

アムロレイにはいくつもの名言があり、

この名言が好きだなどこだわりがある人も多いと思います。

 

今回はアムロレイ名言の

「やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ」

についてお届けします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ」アムロレイ名言

 

ホワイトベースの出港を援護するため

ガンダムで先行したアムロに対し、

シャアと部下のザクが襲いかかります。

 

ガンダムの性能の高さとリュウのコアファイターの援護もあり、

辛くもザクを退けることができましたが、

帰艦したアムロに対し、ブライトは労いの言葉をかけるどころか、

アムロの戦闘のまずさを指摘します。

 

さらに、できないのならサイド7に戻れ、とまで言うのでした。

 

 

 

 

初陣の後なのに?

2機のザクを撃破した連邦のモビルスーツの情報に、

シャアは驚愕すると共に、この情報の価値を認識します。

上官のドズルに武器・弾薬およびザクの補給を要請します。

そして、補給の到着を待つことなく、

潜入部隊を率いてサイド7に情報収集のために侵入します。

 

一方のホワイトベースでは、

動ける人々が先の戦闘で負傷した人の介護、

避難してきた民間人の収容そして機密事項である

モビルスーツに関する機材の破壊処分に追われていました。

 

そんな混乱の中、

機材の処分を終えたガンダムとセイラを収容しようとした時、

シャアはホワイトベースのいるドッグに侵入します。

 

多数の銃口からの弾丸を躱しながら情報収集を行うシャア。

しかし、ブライトの銃撃が記録カメラを破壊し、

情報の流出を防ぎました。

 

ここが潮時と悟ったシャアは部下を引き連れて

一旦はコロニー外に退却していきました。

 

ホワイトベースもこの機会を捉え、ルナⅡを目指して出港します。

ガンダムはホワイトベースを護衛するため、先行して進みます。

 

そこにシャアと部下が駆る2機のザクが襲いかかります。

圧倒的な技量でガンダムを追い詰めるシャア。

 

初陣の緊張もあり思うように動けないアムロ。

しかし、ガンダムの性能がアムロを支えます。

コアファイターで出撃してきたリュウの援護もあり、

アムロは1機のザクを撃墜しシャアを退却させることに成功しました。

 

ようやくホワイトベースに帰艦したアムロとリュウ。

そんなアムロを待っていたのは、

労いではなくブライトからの叱責でした。

できないのならサイド7に戻れ、とまで言うブライトに対し、

「やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ」

と応えるアムロのセリフ。

 

この一言と共に踏み出した一歩が

後のエースパイロットの始まりなのでした。

 

 

 

初めてのことは誰でも不安。それを乗り越えてこそ明日があります

仕事でも私生活でも、

今まで経験したことがない事柄に

向かい合わなければならないシーンがあります。

 

果敢に挑んでも結果が振るわないことが殆どでしょうし、

理解のない周囲の人の心ない言葉に傷つくこともあります。

 

しかし、そこで怯んで進むのを止めてしまったら

自身の成長も止まってしまいます。

と、頭ではわかっていても、

いざ未知の案件に臨むと気が重いものです。

 

そんなとき、アムロのこの言葉を思い出します。

初陣で敵のエースと対峙したアムロの言葉を。

 

そして、僅かな経験と知識しかなくても

前に進むことを選んだアムロのことを。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ

今回は

アムロレイ名言

「やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ」とは

についてお届けしました。

 

■「やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ」アムロレイ名言

⇒この言葉で自分自身を奮い立たせている。

 

■初陣の後なのに?

⇒いきなり修羅場

 

■初めてのことは誰でも不安。それを乗り越えてこそ明日があります

⇒初めての経験におびえることなく

まず、前に進むことが大事だという教え。

 

 

 

アムロレイ名言には

私たちの日頃の姿勢を見直すきっかけを

与えてくれる影響力があるように感じます。

何事にも前向きに頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ