シャア名言「私もよくよく運のない男だな」とは!意味や使い方は?

ガンダムシリーズでも人気のシャア・アズナブル。

 

名言を多く残していますが、

今回はシャアの名言の

「私もよくよく運のない男だな」

についてお届けします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「私もよくよく運のない男だな」シャア名言

サイド7に侵入する

3機のザクを見守るムサイ。

そのブリッジにおけるシャアの第一声です。

 

続く「作戦が終わっての帰り道で

あんな獲物に出会うなどとは」

の発言と部下のドレン少尉との会話から、

シャアは、連邦のモビルスーツの開発を含む

何等かの作戦について察知していたことが分かります。

 

 

作戦の帰り道でであった大物?

シャアは

「作戦が終わっての帰り道」といっていますが、

本当でしょうか?

 

なぜなら、

ホワイトベースのブリッジメンバーの会話で、

ムサイの追跡を撒くことが

できなかったことが分かります。

 

つまりシャアのムサイは執拗に

ホワイトベースを追っていたのです。

 

それに偶然の遭遇で大した価値のない相手を見つけて

武器・弾薬が不足しているのなら、

増援の要請を行えば済むはずです。

 

 

シャアはどうやって獲物を知った?

 

執拗なホワイトベースの追跡と、

サイド7への偵察行動に、

3機ですが、シャアは手持ちの稼働できる

ザク全機を出撃させています。

 

冒頭のセリフの後のドレンとの会話から、

連邦のモビルスーツ開発について

掴んでいたことがわかります。

 

では、

どうやってその情報を得たのでしょうか?

 

連邦軍の動向や立場上入手できる情報から

予想したのなら恐るべき洞察力というべきですが、

それは彼を買い被りすぎでしょう。

 

平時においても有事においても、

対立する相手の動向を把握するのは

当然の活動です。

 

アナハイム社や各コロニーには、

ジオンのスパイが配置されていて、

連邦の動向を探っており、

当然モビルスーツの開発についても

掴んでいて軍内部で共有されていたと思われます。

 

シャアの凄いところは、

自身が目にしたホワイトベースを、

ジオン軍内の情報と繋ぎ合わせ、

敵艦がモビルスーツ開発計画に

関わっているとの結論を導き出したことです。

 

 

昂る気持ちを抑えるため、自分に向けた言葉

仕事においても、

競合他社の動きや顧客のニーズを調査します。

 

得られた情報は組織内で共有されますが、

同じ情報に基づいて作成された行動計画は、

人によって大きく異なります。

 

日頃から新聞などを丁寧に読み、

深く洞察する人が作成した計画は、

成果につながるものが多いのです。

 

しかし、計画がよくても

実行が伴わなければ絵に描いた餅です。

 

計画の妥当性は

常にチェックされなければなりません。

 

シャアの言は、

自身の洞察が適中したという昂りを抑え、

さらなる確信を得るべしと

自分を抑えているのです。

 

ですから、

「運のない」とあえて否定的な表現を

使っているのです。

 

この名言を使いこなすのは、

かなり難易度が高いですが、

これらを背景を踏まえ、使いこなせれば、

一目置かれる存在になるでしょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ

今回はシャア名言

「私もよくよく運のない男だな」

とは!意味や使い方は?

についてお届けしました。

 

■「私もよくよく運のない男だな」シャア名言

⇒作戦を察知

 

■作戦の帰り道でであった大物?

⇒執拗にホワイトベースを追っていた

 

■シャアはどうやって獲物を知った?

⇒ホワイトベースからモビルスーツ開発計画を確信

 

■昂る気持ちを抑えるため、自分に向けた言葉

⇒洞察が適中したという昂りを抑え、

さらなる確信を得るべしと自分を抑えている

 

 

このシャア名言の背景を知ると、

洞察力の重要性から、

確信を持ち行動することの大切さを感じます。

 

この名言を使いこなせるよう、

慎重に物事を見ていきたいものですね。

 

 

   

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ