【機動戦士ガンダム 名台詞集】シャア「モビルスーツの性能の違いが・・」

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを教えてやる」

byシャア・アズナブル)

DSC05163

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第3話「敵の補給艦を叩け」の

シャア・アズナブルのセリフ

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを教えてやる」

について語ってみましょう。

 

劣勢を打破する自信―

急激な人口増加に対応する為に、地球の衛星軌道上及びその周辺に建造された円筒形の

人工大陸スペースコロニー。

人類がそこで暮らすようになって半世紀。

コロニーの一つサイド3がジオン公国を名乗り、地球連邦に独立戦争を挑んで来た。

戦況が膠着状態に陥ってから八か月後。

サイド7に於ける地球連邦軍の機密・V作戦を探るジオン軍の行動が戦況を動かす。

 

V作戦の中心機密である戦艦ホワイトベースとモビルスーツ・ガンダムの反撃に、

戦力を失ったジオン軍シャア・アズナブル少佐の乗艦ムサイの元へ補給が届けられようとしていた。

ムサイに追われるホワイトベースは相手の戦力が整えば次に勝てる保証は無いと考え補給中の二隻を攻撃。

補給作業を行っている船を攻撃するガンダムを迎撃する為に、赤色のモビルスーツ・ザクが発進した。

 

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを教えてやる」

 

シャアの操縦するザクの攻撃が、ガンダムのパイロット・アムロを翻弄して行く。

流石に一日の長があってか優位に立つシャアであったが、ホワイトベースの攻撃が

戦艦に集中しているのを聞き撤退する。

そう、これはシャアが作戦遂行の障害になると判断したガンダムが、

戦艦から彼を引き離す為の陽動作戦だったのだ。

補給船は失ったものの、物資を入手できたシャアの胸中にはふとした疑念が湧いていた…。

 

「モビルスーツの性能の違いが、」

IMG_6800

新型=有利と考える一般人の感覚を嘲笑うかの如く、自信にあふれたこの発言。

通常機体のザクの3倍のスペックを保有する機体を余裕で使いこなし、

華々しい戦果を出してきた彼だからこそ言える言葉です。

 

そう、機体性能の良し悪しだけでは勝利は得られない。

ガンダムが新型でも、操縦者が未熟であると判断したシャアがこの様に呟くのも頷ける話です。

しかし、劣勢に慣れていない彼は再度敗北を喫します。

 

明らかに素人集団である筈のホワイトベースに勝つ事が出来ない。

そのホワイトベースの読み切れない戦力を彼は、本来の目的の為に利用しようと考えます。

そう、ホワイトベース乗組員の知らない所で…。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

シャア・アズナブルのセリフ

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを教えてやる」

について語ってみました。

 

後にランバ・ラルが対になる発言をしています。

「見事だな。しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ!

そのモビルスーツの性能のおかげだと言う事を忘れるな」

(第19話「ランバ・ラル特攻!」より)

 

シャアの、そしてラルの言葉はともに正論なんですよね。

戦況によって変わりゆく捉え方。

人によって違うとも言えますが、状況を正しく(及び、その先を)読むと言うのは人には

中々出来ないのかも知れません。

 

現にアムロは、ガンダムのスペックを超えた存在になりましたから。

結果的にシャアのこの発言は、この先の戦況を捉えた予言にもなっている様です。

 

関連記事

 

 

 

ガンダムキャラ特集

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ