シャア名言「地球での自由落下というやつは」の意味と使い方は?

ガンダムシリーズで人気のシャア・アズナブル。

多くの名言を残している彼ですが、

具体的にはどのような名言があるのでしょうか。

 

今回はシャア・アズナブル名言の

「地球での自由落下というやつは言葉で言うほど自由ではないのだ」

の意味と使い方は?

についてお届けします。

 

スポンサーリンク

 

 

「地球での自由落下というやつは言葉で言うほど自由ではないのだ」シャア・アズナブル名言

ホワイトベースは、

コアファイターをガンダムに換装して

出撃させてきました。

 

対抗するシャアはコムサイから

愛機のザクを駆って出撃します。

 

どちらも飛行能力はありませんから、

自由落下で降下するまでの

約1分間の戦闘でした。

 

銃撃と白兵を織り交ぜて

果敢に攻め立てるシャアでしたが、

ガンダムの装甲を打ち破ることは

できませんでした

 

 

 

そうです。重力の他にも空気に拘束されているのです。

いまさらですが「自由落下」とは、

物体が重力の働きだけで動くことです。

 

空気抵抗やその他の力は

受けない状態を指します。

 

ですが、慣用的に、

大気内での落下も自由落下と呼びます。

 

ですから、地球での自由落下は、

月や隕石上と異なり大気の抵抗を受けます。

 

大気中を移動する物体に作用する大気の抵抗は、

落下速度や高度(空気の密度)、

気温、湿度、物体の形状、表面の状態(滑らかさ)など

多くのもの(因子)の影響を受けます。

 

この空気の影響の把握には、

大変多くの計算を必要とします。

 

現在でもコンピュータを用いた

シミュレーションだけで精確な答えを

得ることは難しいので、

多くの研究機関では模型や実物を用いた

実験によってデータを収集しています。

 

TV中でアムロはジオン軍の兵器について

シミュレーションによる検討をしていましたが、

開発途中のガンダムでは空気抵抗に関する

十分なデータがあるとは思えませんし、

ザクのデータも有していないでしょう。

 

ですから、大気中でのガンダムの制御とザクの動きの

予想は宇宙空間のものとは異なり、

コンピュータの支援も期待できず、

正確さに欠けたものになっていたのです。

 

シャアの言葉は、

上述のことを知識とガンダムの動きから

導き出したガンダムの弱点を指摘したものなのです。

 

 

”自由ではない”のはモビルスーツの動きだけですか?

このように、

地球での自由落下は大気の影響を受け、

宇宙空間におけるものとは異なります。

 

そしてもう一つ、

シャアは地球に降下したことで、

ホワイトベース追撃の主導権を

ガルマに譲ることになりました。

 

そのため、地上における追撃戦では、

ガルマの承諾を受けて行動しています。

 

仕事における出張などで

他の事務所や現場で作業をするときには、

出先の暗黙のルールや流儀に

配慮しなければなりませんよね。

 

勝手知ったる場所とは異なる

”やり難さ”を感じることは多いと思います。

 

士官学校の同期で友人であるガルマですから、

他の上官よりはやり易いでしょうが、

兵士達の目もあるのであまり勝手はできません。

 

”思ったより自由ではない”の言葉には、

上官への気配りに対するボヤキ

含まれているのです。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ

今回は

シャア・アズナブル名言

「地球での自由落下というやつは言葉で言うほど自由ではないのだ」

の意味と使い方は?

についてお届けしました。

 

■「地球での自由落下というやつは言葉で言うほど自由ではないのだ」シャア・アズナブル名言

⇒ガンダムの装甲を打ち破ることはできなかった

 

■そうです。重力の他にも空気に拘束されているのです。

⇒知識とガンダムの動きから導き出したガンダムの弱点を指摘

 

■”自由ではない”のはモビルスーツの動きだけですか?

⇒上官への気配りに対するボヤキ

 

シャア・アズナブル名言は

経験や知識から溢れる自信や強さを

感じさせてくれます。

 

努力の元に成り立っている自信ですね。

私たちもそうありたいものです。

 

 

   

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ