【機動戦士ガンダム 名台詞集】マチルダ「あなたはエスパーかも知れない」

「あなたはエスパーかも知れない・・・」(byマチルダ・アジャン)

IMG_6892

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第9話「翔べ!ガンダム」の

マチルダ・アジャンのセリフ

「あなたはエスパーかも知れない・・・」

について語ってみましょう。

 

その激励は希望への―

急激な人口増加に対応する為に、地球の衛星軌道上及びその周辺に建造された円筒形の

人工大陸スペースコロニー。

人類がそこで暮らすようになって半世紀。コロニーの一つサイド3がジオン公国を名乗り、

地球連邦に独立戦争を挑んで来た。

戦況が膠着状態に陥ってから八か月後。

 

サイド7に於ける地球連邦軍の機密・V作戦を探るジオン軍の行動が戦況を動かす。

サイド7から避難民を乗せたまま、

ジオン軍少佐シャア・アズナブルの追撃を逃れて地球へ降下する戦艦ホワイトベース。

だがそこはジオン軍の占拠地である北米大陸上であった。

 

偵察の戦闘機コファイターを発見したジオン軍地球攻撃軍司令ガルマ・ザビ大佐は

今こそ好機と捉え、ホワイトベースを攻撃する。

遅れて出撃して来たガンダムの空中すらをも制圧する性能に驚愕するものの、

空母ガウの射線上にガンダムをおびき出し仕留めようとするガルマ。

 

その策にハマりそうになるアムロを制する声が聞こえる。

それは連邦軍輸送機ミデアでホワイトベースに補給物資を届けに来た、

補給部隊隊長マチルダ・アジャン中尉の声であった。

連邦軍がホワイトベースを見捨ててはいない事を告げたマチルダは、

ガンダムで幾多の戦闘をくぐり抜けて来たアムロに労いの言葉をかける。

 

「あなたの戦いがなければ、私たちもやられていたわ。

ありがとう、・・・あなたはエスパーかも知れない・・・

 

他人とは違うと言われて、思わず笑みがこぼれるアムロ。

しかし〈エスパー〉の真の意味をホワイトベース乗組員が知るのは、まだ先の事であった。

 

「あなたはエスパーかも知れない・・・」

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

この時代に於いての普通のスペックしか持たない少年が新型のモビルスーツ・ガンダムを操縦し、

あまつさえ連邦軍に“赤い彗星”と恐れられているシャア・アズナブルと互角に渡り合っている。

 

・・・この様な報告を聞いても〈偶然〉〈幸運〉などと解釈して、

まるで他人事の様に受け取る連邦軍の中にあって、

ガンダムとホワイトベースの存在が後に連邦軍の動静を左右する決定打となり得るのを予想したのは、

この時点ではごく少数でした。

 

そして、その生き延びたと言う状況が示す真の意味を理解していたのも・・・。

その数少ない理解者レビル将軍の依頼を受けて補給物資を運んだマチルダも又、

ホワイトベースに協力する事を厭わない理解者です。

 

必死に戦って来たホワイトベース乗組員も、

ここまで生き延びられた事を奇跡と思っていたでしょうが、

このエスパーと言う言葉が単なる気休めの言葉では無い事を追々知る事となります。

それは私たち視聴者も…。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

マチルダ・アジャンのセリフ「あなたはエスパーかも知れない・・・」について語ってみました。

振り返ってみれば、シャアのホワイトベース及びガンダムへの疑問、

マチルダのエスパー(超能力者)発言など後に〈ニュータイプ〉と称される能力描写の伏線を、

こんなに早い内から張っていたのかと感心します。

 

とは言え、本放送当時にいきなり〈ニュータイプ〉と言われても理解できないので、

判り易い〈エスパー〉と言う言葉で雰囲気を出そうとするのが視聴者への思いやりでしょうか。

(でも実際、エスパーと言う単語は当時に於いてやや古く感じたのも事実)

 

劇場版『機動戦士ガンダム』(第一作)では、TV版で一通り描写がされていている事から

早々に〈ニュータイプ〉の概念等を説明しています。

ここでのマチルダは、ニュータイプとしてホワイトベース乗組員が

どの様に成長して行くのかを楽しみにしている様にも見えたのは私だけでしょうか…。

 

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ