【ガンプラMG】旧ザク改造塗装!かっこいい飾り方画像!可動狭い?

【ガンプラMG】旧ザク改造塗装!かっこいい飾り方画像!可動狭い?の記事です。

MG 1/100 MS-05B ザクI 黒い三連星仕様 (機動戦士ガンダム)

IMG_8249

旧ザク製作!

旧ザクっていかにも古臭い響きだけど、これはこれでかっこいい。

しかし、残念なことにMG Ver.2.0が見当たらない。

なので、この古いMGキットしかないようだ。

 

可動範囲が狭い等、もろもろ不満点はある。

旧ザクの雰囲気を出しつつ、かっこいい状態で飾るにはどうすればいい?

というお悩みモードの場合、参考にされたし。

 

旧ザクのオーラは十分味わえる!

 

スポンサーリンク

MG旧ザク 基本工作

IMG_8240

ゲート処理ペーパーがけ(400~1000番)

下地サフェサー吹き

エアブラシにて塗装
(タミヤアクリル)

 

MG旧ザク改修点

IMG_8251

・ショルダーアーマー、太もも等、パーティングラインの気になる所は接着してペーパーがけ

・バックパックと足裏バーニアに銅パイプ

・直立時安定のため、ブーツの中に重りにランナーとエポキシパテ詰め込み。

・右ひじの関節は、破損したので、真鍮線で補強

・モノアイ、マシンガンのスコープにメタルパーツ

 

MG旧ザク可動範囲

このキットはズバリ可動範囲が狭い。

古いキットなので仕方ないが、派手なポーズが取れない。

例えばこんな ↓ 感じのポージング無理ーーー

IMG_6948

MG 1/100 MS-06R-1A 高機動型ザクII 黒い三連星仕様 Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)

このMG Ver.2.0なら派手に可動できるのだが、

 

今回のキットは固いーーー

 

でも、頭と胸がオープンできる!さらにモノアイも可動OK!こんな感じ ↓

IMG_8245

地味にリアル!

 

台座に載せても派手なポーズは厳しい ↓

IMG_8250

可動範囲がつらい。

つまりこのこのキットをかっこよく飾るのはどうすればいい?

ララァ教えてくれ!という状態。

 

MG旧ザク かっこよく飾るには?

旧ザクと言えばこのポーズだがイマイチーーー

IMG_8390

やはり固い。

 

なので棒立ちでOK

ズバリ、ポージングには限界がある!中途半端はポーズとるより、逆に棒立ちさせよう!

IMG_8229

旧ザクはむしろ、これでOK!

古めかしく、地味だが、これが旧ザクのオーラという事でOK!

動力パイプがなく、古いヨーロッパの鎧っぽい!

 

さらにシステムベースに置けばこんな感じ!

IMG_8312

このシステムベースは設定1/144用なのでMG1/100サイズでは若干窮屈だが、

なんとなくOK!これはこれでかっこいい!

 

 

スポンサーリンク
 

まとめ

せっかくなので360℃動画

 

棒立ち

 

棒立ち+台座(システムベース)

 

このキットは形は悪くない。

パーツ数が少なく作りやすい。

なのでMGに初チャレンジしたいという場合おすすめ。

ただし、可動範囲は、つらいものがある。

なので、派手なポーズはサクッとあきらめて、地味に飾ろう!

それが逆に旧ザクのオーラとなる!

 

今回のベースキットはこれ

 

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ