【機動戦士ガンダム 名台詞集】バムロ「ここが一年前までセント・アンジェのあった処です」

「ここが一年前までセント・アンジェのあった処です。」(byバムロ)

photo-1465308452258-70fc6a9b67a8 (1)

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第8話「戦場は荒野」の

バムロのセリフ

「ここが一年前までセント・アンジェのあった処です。」

について語ってみましょう。

 

母子の先にあるモノは―

急激な人口増加に対応する為に、地球の衛星軌道上及びその周辺に建造された円筒形の

人工大陸スペースコロニー。

人類がそこで暮らすようになって半世紀。コロニーの一つサイド3がジオン公国を名乗り、

地球連邦に独立戦争を挑んで来た。

戦況が膠着状態に陥ってから八か月後。

サイド7に於ける地球連邦軍の機密・V作戦を探るジオン軍の行動が戦況を動かす。

 

ジオン軍少佐シャア・アズナブルの追跡をかわしながら、サイド7からの避難民を乗せたまま地球に

到着する戦艦ホワイトベース。

しかし、そこはジオン軍の占領地であった。

 

ジオン軍の遠隔攻撃を受けない様に低空飛行するホワイトベース内では、避難民の一部が

降機を希望していた。

ジオン軍に一時休戦を申し入れ、輸送機ガン・ペリーで一部避難民を降ろすホワイトベース。

自分達の行動から相手の気を逸らす作戦でもあったが、ガン・ペリーから降りた一組の母子を

気にかけたジオン軍兵士の行動が結果的に休戦協定を破る物となってしまった。

 

ガンダムに撃ち落とされ不時着したジオン軍偵察機ルッグンのパイロット・バムロが、

傷の手当てをしてくれた母親ペルシアに告げる。

「ここが一年前までセント・アンジェのあった処です。」

目の前に広がる荒涼たる原野が目的の地の変わり果てた姿である事に、

息子コーリーを抱きしめてペルシアは嗚咽した・・・。

 

スポンサーリンク
 

 

「ここが一年前までセント・アンジェのあった処です。」

ペルシア母子に救命グッズ入りのカプセルを投下する等、情に篤い行動をするバムロ。

それを見て、ガンダムのパイロット・アムロも攻撃を止めるのが何とも心地良いのですが、

止める時の動き=ビームライフルを下ろす時の反射が戦闘のキッカケとなるのが何とも皮肉です。

「見つけなけりゃいいのに!」と言うアムロの叫びには共感しますね。

 

『機動戦士ガンダム』の前半には、戦場にあっても人間味あふれる者達が登場します。

今回のバムロや、クワラン達(第14話)、ククルス・ドアン(第15話)等ですが、彼らの存在は戦う相手が

同じ普通の人間である事をさり気なく描写しています。

(最も、彼らは劇場版では登場自体がカットされているので知らない世代もいるでしょう)

後半になると、この様な人物描写をする余裕はありません。

だからこそ、この様な描写が作品全体のコントラストを強めていると感じます。

 

まとめ

バムロのセリフ「ここが一年前までセント・アンジェのあった処です。」について語ってみました。

バムロの声を担当したのは永井一郎氏。冷徹な現実に母子への憐みの情感を乗せて

発せられたこのセリフは、永井氏の演技も含めて私の中で印象に残る物です。

 

存在していると思っていたモノが影も形もないと言う状況・・・。

ふと、阪神淡路大震災、東日本大震災を思い出しました。

無慈悲に破壊される人々の営みの記録・・・。

 

海外での戦争のニュース映像で多く感じなかった寂寥感が、グッと身近に感じられたこの感覚。

現在このバムロの場面を見ると、『ガンダム』本放送時より来るものがあります。

 

 

関連記事

 

 

 

 

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ