アムロ・レイ名言「もうやらないからな!誰が二度とガンダムになんか…」

アムロ・レイ名言

「もうやらないからな!誰が二度とガンダムになんか…」

 

抜群のテクニックを持つアムロ・レイですが、

まだ少年と思わせるような発言も

いくつかあります。

 

今回はアムロ・レイ名言の

「もうやらないからな!誰が二度とガンダムになんか…」

についてお届けします。

 

 

スポンサーリンク


 

「もうやらないからな!誰が二度とガンダムになんか…」アムロ・レイ名言

戦いが続く日々のプレッシャーから、

精神的に追い詰められてしまったアムロ。

 

敵襲を迎え撃つための出撃命令を

拒否して自室に閉じこもってしまいます。

 

職務上の責任からアムロを

叱責するブライトは、

指示を拒絶し続ける彼を殴打します。

 

怒りに任せてアムロは捨て

台詞を吐くのでした。

 

 

”もうやらない”とか感情に流された発言は後悔の元です。

仕事でも私生活でも周囲との関わりは

不可避なものです

(引きこもっていれば回避できる

かもしれませんが)。

 

そこでは周囲との交流が行われますが、

同じような会話でもその日のメンタルや

体調によって受け取り方が変わったりします。

 

些細なことが摩擦や衝突の原因となり、

エスカレートすると「怒り」に

まかせてつい余計な事を口走って

しまうことがあります。

 

アムロではありませんが、

同僚との口論になることもあります。

 

組織において同格の人との口論ならまだしも、

部下に対して感情的な発言をしてしまうと、

ハラスメントとなってしまう恐れもあり、

注意が必要です。

(劇中のブライトは手を出していましたが、

これは制作時の頃においては

”拗ねる子供に手を出す”ことは躾の一部

として受け入れられていたからでしょう。)

 

感情的な言動は、

後になって思い返すと後悔することも多く、

感情の制御の必要性を感じます。

 

一方、宗教の教祖様のように解脱には程遠く、

煩悩に煩わされている

私たちにはなかなか難しいことに思えます。

 

そこで登場するのがアンガーマネジメントですね。

 

 

アンガーマネジメント?

最近よく聞くようになった

「アンガーマネジメント」は、

「怒り」の感情との(上手な)付き合い方を

するための方法です。

 

職場において、

イライラが募れば仕事の効率はガタ落ちです。

 

周囲との折り合いが悪くなると

配置転換や最悪の場合退職を余儀なく

されるかもしれません。

 

でも、「怒り」の感情は、

周囲との関係悪化などの「壊す」働き

だけではなく、目標を達成とか

なにかを「生み出す」ときの

エネルギーにもなります。

 

「怒り」と上手に付き合うには

まず「引きずらない」ことだそうです。

 

よく物事の振り返ると行いますが、

失敗を振り返ったときに原因に対する

「怒り」が何度もぶり返すことを

経験した人は多いと思います。

 

問題の原因を究明することは大切ですが、

「怒りの原因の究明」となっては、

返って「怒り」が増幅して不毛です。

 

過去は過去で変えることはできないので

さっさと受け入れて、「今」に集中して

「未来」を変えることを考えましょう。

 

前向きな気持ちを持ちやすくする方法に

ブレイクパターン」というものがあります。

 

世の中不測の事態は付き物ですが、

私たちは自分の想定外の事態による

「変化」に遭遇すると「怒り」を

感じるそうです。

 

その一方で「慣れ」ていることには

「怒り」を感じないのです。

 

そこで、毎日何か変わったことをすることで

「変化」に慣れてしまうのです。

 

例えば、いつもの電車の車両と

違う車両に乗るとか、

偶然会った人に挨拶してみるとか、

変わった小さな体験を積み上げることで、

変化に対して心が鍛えられるそうです。

 

他にも「深呼吸」とかの心を落ち着ける

テクニックがあります。

 

興味がある方は、書籍やネットの情報を

検索してみてください。

 

アムロは生活の変化や”皆を守らなければ”

という義務感からくるストレスに

悩まされていました。

 

彼もアンガーマネジメントの

スキルを持っていたら、

殴られなくても済んだかもしれません。

 

それをいったら、

ブライトがコーチングのスキルを

身に付ける方が重要かな?とも思います。

まぁ、皆、若かったのですね。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ

今回は

アムロ・レイ名言

「もうやらないからな!

誰が二度とガンダムになんか…」とは

についてお届けしました。

 

■「もうやらないからな!誰が二度とガンダムになんか…」

アムロ・レイ名言

⇒指示を拒絶し殴打された時のアムロの発言

 

■”もうやらない”とか感情に流された

発言は後悔の元です。

⇒感情の制御の必要性

 

■アンガーマネジメント?

⇒「怒り」の感情との(上手な)付き合い方を

するための方法

 

アムロ・レイ名言には

私たちの生活の中でも精神的に追い詰められ

突発的に発してしまう言動があり、

その言動の取り返しのつかない状況があることを

気づかせてくれます。

アンガーマネジメント、身につけられると良いですね。

 

   

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ