アムロレイ名言『アムロ行きまーす!』の意味や背景と使い方は?

アムロレイ名言

『アムロ行きまーす!』

の意味や背景と使い方は?

 

『アムロ行きまーす!』

アムロ・レイの名言として

最も有名なフレーズではないでしょうか。

 

今回はアムロ・レイ名言の

「アムロ行きまーす!」

の意味や背景と使い方についてお届けします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「アムロ行きまーす!」アムロ・レイ名言

ランバ・ラルの仇討ちを果たそうと

ハモン率いるラル隊の生き残り達が

ホワイトベースを襲撃します。

 

謹慎中のアムロは、

リュウの計らいでようやく独房から

出ることができました。

 

ガンダムではなくコアファイターでの出撃ですが、

気合を入れて戦場へ向かうのでした。

 

 

名乗りをあげて出撃とは、まるで武士のようですね

名乗りをあげてから戦場へ向かう。

この行為から思い浮かべるのは

「武士」でしょう。

 

彼らの名乗りには、

自分の正当性とこれから戦う

自分という人間を周囲に知らしめるために

行われていたそうです。

 

私たちも、

会議に臨む前や大きな商談の前など、

何か重要な行事の前には気合を入れますよね。

 

その方法は、

声を出したり頬を平手打ちしたり、

瞑想したりと人それぞれです。

 

アムロの場合、

独房入りから解放された喜びと、

彼のために尽力してくれたリュウの想いに

応えなければならないというプレッシャーから、

聞いているのは、

ブリッジにいるメンバーだけでしょうが、

気合を入れるために自然と出たものなのでしょう。

 

 

アムロを行かせたものは?リュウの期待でしょう

ここに至るまで、

アムロは唯一のガンダムパイロット

として時には落ち込んだり、

上官であるブライトと激しく

ぶつかったりしながら奮闘してきました。

 

今回彼を動かしたのは、

リュウやセイラからの期待の言葉でしょう。

 

ビジネスの啓発本の著者で有名なカーネギーは、

人を変える方法として9つのことを挙げています。

そのなかに相手に期待をかけることがあります。

 

自分が社会人になり立ての頃、

自分の父親と同年代の人から仕事を任され

(と本人が思っていただけかもしれませんが)

内容の説明を受けた時、

最後に”君ならできるよ。期待しているよ。”

の一言がありました。

 

ありきたりの一言ですが、

受けた自分はとても嬉しく感じたものでした。

 

問題にぶつかって落ち込んでいるときには、

柔らかい表現で改善点を指摘し、

何某かの良い点を褒めてくれて

励ましの言葉を与えてくれました。

 

周囲からみたら小さなことかもしれませんが、

当人にとっては支えとなり助けになった言葉でした。

 

この「アムロ、行きまーす!」は

よく知られたフレーズなのですが、

実際に使われたのは第21話だけなのですね。

 

アムロの名乗りは、

自身の高評価のための「宣伝」と「正しさの主張」が

目的として色濃くある武士たちの名乗りとは

趣が異なります。

彼の名乗りは、自分への「喝」です。

 

それだけ、この出撃には気合が入っていた

ということなのでしょう。

そして、アムロを前向きにさせたラルや

リュウの態度・言葉は、

周囲を巻き込み力を持つ人間関係に

役立つものなのです。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ

今回は

アムロ・レイ名言

「アムロ行きまーす!」とは

の意味や背景と使い方についてお届けしました。

 

■「アムロ行きまーす!」アムロ・レイ名言

⇒この言葉で自分自身の気合いを入れている

 

■名乗りをあげて出撃とは、まるで武士のようですね

⇒独房から解放された喜びと、

リュウの想いへのプレッシャーに対する気合い

 

■アムロを行かせたものは?リュウの期待でしょう

⇒彼の名乗りは、自分への「喝」

 

アムロ・レイ名言には

組織を運営する上司のあり方も見直す

きっかけになる台詞です。

やる気がない若者が昨今増えていると言われていますが、

やる気を引き出せていないのは周囲からの期待かもしれませんね。

 

   

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ