ブライト・ノアの名言「今日のアムロはカンがさえている」の意味は背景は

ブライト・ノアの名言

「今日のアムロはカンがさえている」

の意味は背景は

 

アムロの上司として指揮をとっていたブライト・ノア、

彼は多くの名言を残しています。

 

今回はブライト・ノア名言の

「今日のアムロはカンがさえている」

についてお届けします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「今日のアムロはカンがさえている」ブライト・ノア名言

コンスコン隊の待ち伏せが明白な中、

ホワイトベースはサイド6を出航しました。

 

迫りくる12機

(劇場版での数。TVでは18機の説あり)の

リック・ドムをアムロは

ガンダム一機で撃墜してしまいました。

 

この様子をブリッジから見ていた

ブライトの感嘆の込もった一言です。

 

 

日頃のフォローが「今日のアムロ」の違いを見分けます

この一言から、

ブライトは日頃から部下であるアムロの様子を

よく観ていることが分かります。

 

そして、「カンがさえている」という表現は、

アムロの活躍に対す率直な評価です。

 

北米での逃避行の最中では、

帰還後のアムロに慰労の言葉をかけずに

「もっと立ち向かい方を考えておけ!」

と指導(叱責?)していたのとは大違いです。

 

アムロの成長には素晴らしいものがありますが、

ブライトの組織を率いるリーダーとしての成長も

負けず劣らず目覚しいものであることがわかります。

 

特に、サイド6においては、

自身の感情の整理の上手さが光ります。

 

会社組織に例えれば、

部長・課長に相当するのが

今のブライトの立場でしょう。

 

直接部下と接する機会が多いことから

課長の方がより近いかもしれません。

 

組織における課長の役割は、

2つあります。

 

一つは、

自分が受け持つ課が、

(上層部から)期待されている役割を

完遂することです。

 

二つ目は、

組織を維持・拡大するための人材の育成であり、

配属されている部下に対してOJT

(仕事を通じての成長)を

推し進めなければなりません。

 

このOJTは教える側も教えられる側も

大変な作業ですから、

組織としても個人としてもモチベーションが

大事になります。

 

上長として部下に

”この人に付いて行けば間違いない”

みたいな気持ちを植えつけたなら、

アドバイスや指導を前向きに

受け入れてもらえるでしょう。

 

感情の整理が上手になったブライトだからこそ、

ミライへの想いを押さえながら

ブリッジメンバーやスレッガーら

パイロット連中と細目にコミュニケーションを取り、

昔のフィアンセにも冷静に対応できたのだと思います。

 

 

上手な気持ちの整理がコミュニケーションに役立ちます?

当たり前のことですが、

目標達成に向けて部下を含む周囲の人を

リードしていくためには

コミュニケーションが必要不可欠です。

 

そして周囲の人は能力や性格が違いますから、

日々接するに際し色々な所で摩擦が生じます。

 

この摩擦は様々な感情を引き起こし、

その中で負の感情の処理は重要な問題です。

 

負の感情が溜まると精神的な障害に

繋がりますから上手に処理しなければなりません。

 

それなら負の感情の発生を防ぐほうが

簡単かもしれません。

 

相手に対してイラついたり訳も無く

嫌悪感を抱くのは、

相手を十分理解していないことが

主な原因です。

 

これが相手のちょっとした行動で

イラつく原因になるのです。

 

対処方法としては、

まず間合いを取ることです。

 

イラッとした感情を出す前に深呼吸して

イラつく理由を考えるとイラつく

自分がおかしく思え、

落ち着きを取り戻せます。

 

次に、相手のよいところを見つけます

どんな人でも、

一つや二つ良い所が必ずあります。

 

その見つけた”良い所”をイラッとしたときに

思い浮かべることで、

イラつく感情を抑えることができます。

ぜひ試してみてください。

 

課長は多忙ですが、

忙しくて不機嫌なところばかり見せていると、

周囲は声を掛けずらくなります。

 

これではコミュニケーションを

築くことはできませんよね。

 

イラつく負の感情を上手に整理する

スキルを身につけましょう。

 

サイド7の頃のブライトは重責のためか

いつも不機嫌そうにしており、

アムロたちとも衝突することが多々ありました。

 

しかし多くの経験を経て

彼は有能なリーダになりました。

 

その中で、ブライトの自己の感情の整理の上手さが、

サイド6における難所で光っていたと感じます。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ

今回は

ブライト・ノア名言

「今日のアムロはカンがさえている」

の意味は背景についてお届けしました。

 

■「今日のアムロはカンがさえている」ブライト・ノア

⇒アムロの活躍を見たブライトの感嘆の込もった一言

 

■日頃のフォローが「今日のアムロ」の違いを見分けます

⇒日頃から部下であるアムロの様子をよく観ている

 

■上手な気持ちの整理がコミュニケーションに役立ちます?

⇒ブライトの自己の感情の整理の上手さが、

サイド6における難所で光っていた

 

ブライト・ノア名言には

部下を指導する立場での立ち振る舞いに

ついてハッとさせられます。

気持ちの整理を上手にして、部下に対して常に冷静に

指示ができる上司になりたいものです。

 

   

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ