【機動戦士ガンダム 名台詞集】ブライトノア「何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が何を言うのか!」

【機動戦士ガンダム 名台詞集】ブライトノア「何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が何を言うのか!」の記事です。

「何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が何を言うのか!」(byブライト・ノア)

IMG_6944

1979年に放送が開始されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』。

本作では、何気ないけれど心に残るセリフが数多くあります。

登場キャラクターの老若男女問わずに発せられた言葉の数々。

ここでは、その中から第12話「ジオンの脅威」の

ブライト・ノアのセリフ

「何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が何を言うのか!」

について語ってみましょう。

 

理不尽への怒り―

急激な人口増加に対応する為に、地球の衛星軌道上及びその周辺に建造された

円筒形の人工大陸スペースコロニー。

人類がそこで暮らすようになって半世紀。

 

コロニーの一つサイド3がジオン公国を名乗り、地球連邦に独立戦争を挑んで来た。

戦況が膠着状態に陥ってから八か月後。

サイド7に於ける地球連邦軍の機密・V作戦を探るジオン軍の行動が戦況を動かす。

 

サイド7から地球に降下したV作戦の要・戦艦ホワイトベースとモビルスーツ・ガンダム達の

攻撃などによって、北米を占拠していたジオン軍ガルマ・ザビ大佐が戦死する。

北米大陸から脱出し、太平洋上を西へ進むホワイトベースのブリッジのモニターに、

サイド3で執り行われているガルマの葬儀の模様が映し出されていた。

 

だがそれは、葬儀と言う名を借りた事実上の決起集会の様相を呈する物であった。

ガルマの長兄ギレン・ザビ総帥が自らの正当性や優位性などを声高に叫ぶ演説を聞いて、

ホワイトベースを指揮する士官候補生ブライト・ノアの怒りの声がブリッジに響く。

「何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が何を言うのか!」

そしてそれは、ホワイトベース乗組員がそれまで朧げにしか捉えていなかった

戦う相手を鮮明に認識した瞬間でもあった。

 

「何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が何を言うのか!」

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
戦争中とはいえ、膠着状態の中で秘密裏に行われていたV作戦。

しかし一人のジオン軍兵士の功名心が再びの戦火を灯してしまいます。

その後、連邦軍にも〈赤い彗星〉として名の知れたシャア・アズナブルの追撃、

地球に到着してもガルマ・ザビ大佐の指揮する部隊から攻撃を受けると言う状況。

 

士官候補生としての実績しか無いと言う不安、それ故の場当たり的(不慣れ)な指揮、

身勝手な民間人と乗組員への対応等々・・・。

ブライト本人からしてみれば薄氷を踏む想いの連続だった訳です。

そんな中、やっと窮地から脱したこのタイミングで聞かされるギレンの身勝手な自己主張。

 

疲労困憊の時に、こんなのを聞かされたら、そりゃぁ・・・堪りませんよねぇ。

上記の様な言葉が出るのも頷けると言う物です。

(お前たちのおかげで、我々はこんな散々な目に遭っているんだ!勝手な事をほざくな)

とも言いたかったでしょうね。

この短い言葉には、ブライト・ノアのそれまで溜まっていた様々な思いが込められている様です。

 

それともう一つ。ジオン(と言うよりはギレン)の真の目的をも示唆しているこのセリフ。

ブライト(及び連邦軍、民間人)はどの位目的に関する事を知っていたのでしょうか。

全く知らなければ、咄嗟に〈独裁〉と言う言葉は出ないと思われるので・・・

(冒頭ナレーションでは「独立戦争」と言っている)。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

ブライト・ノアのセリフ

「何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が何を言うのか!」

について語ってみました。

 

本放送当時はアムロに近い年齢だったので、

ブライトの事を口やかましいなと思ったりもした物ですが、

現在見て見るとブライトの背負って来た苦労って相当な物ですよね。

 

心身のダメージが過労だけで済んだなんて、考えてみればタフですよ。

何のかんの言っても士官候補生。素養はあったと言う事ですね。

これ以降、様々な戦況に身を投じる事となるブライト・ノア。

若き日の本音の叫びでもありました。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ