シャア・アズナブルの名言「戦いは非情さ」の意味と使い方は?

シャア・アズナブル名言「戦いは非情さ」

の意味と使い方は?

 

冷静な司令塔として人気のシャア・アズナブル。

今回はシャア・アズナブルの名言の

「戦いは非情さ」意味と使い方

についてお届けします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「戦いは非情さ・・・。」シャア・アズナブル名言

シャアは、有史以来初となる

大気圏突入間際での戦闘を仕掛けます。

 

シャアの攻撃を退けることには

成功したホワイトベースですが、

戦闘により進入コースが予定を外れ、

敵地に降下することになるのでした。

 

 

 

戦いですから、部下への非情も仕方ないかもしれませんが・・・

ガンダムの性能とザクの性能を測りにかけ、

最も手薄となるであろう

大気圏突入時を狙うのですが、

自らも地球の重力に捕らわれてしまう

危険性がある作戦です。

 

仕事においても、

無理な日程や納期そして

価格を要求されることがあります。

 

虎穴に入らずんば虎子を得ずの

格言のとおり競合先を蹴落とすために、

先方の無理を聞くことが

必要な場合もあるでしょう。

 

働き方改革とか業務の効率化が叫ばれ、

遅くまで残業したり

休日出勤がしづらい雰囲気ですが、

やらなければ競争に

勝ち残れないのも事実です。

 

あまりの多忙さに、

心や身体を病んでしまう人もいます。

 

成果を追い求めすぎたり

ストレス発散の手段がない人は、

クラウンの様に大気との摩擦熱で

焼かれて戦死することになってしまいます。

 

部下の身を削る献身の上に築かれた

計画や作業。

 

このような非情さは遠慮したいものです。

 

 

敵に対する非情さの追及こそ指揮官の役割

クラウンのザクが失われ戦闘は終了します。

 

コムサイに収容されたシャアとドレンの会話で、

ホワイトベースを自軍の勢力圏内に

引き込むことに成功したことが語られました。

 

撃破はならずとも次の機会につないだのです。

 

常に二手三手先を見越して戦う指揮官としての

シャアの優秀さを示しています。

 

私たちの仕事においても、

社会的に生き残るための

計画を立案し実行します。

 

計画の実行時には不確定な要素による

見込み違いが生じるのは当然です。

 

これに素早く適切に対応しなければなりませんが、

その指揮を執るのは組織の上層部だけではありません。

 

各々がそれぞれの立場の裁量の中で

的確な行動をとることが求められます。

 

よく、相手(競合先も含む)との個人的な関係から、

相手に不利益を及ぼす情報を隠したり、

報告を遅延したりすることを聞き及びますが、

変な温情を与えるのは間違いの元です。

 

非情と思われても

自分の業務を遂行するべきなのです。

 

しかし、反社会的な行為はいけません。

最近は会社組織が自分たちに不利な情報を

隠蔽していたことが明るみになる

事件が目につきます。

やはり公益あっての私益です。

 

昨今、

グローバル化や規制緩和の進展により、

競争相手が海外にも広がりました。

 

より安い間接費を武器に安値で

攻め立てる相手に打ち勝つために

様々な方針・方法が提案されていますが、

決定打はないように感じます。

 

ですから一つ目の策が功を奏さない時、

すぐに次の手を打つこと、

常にP(計画)D(実行)C(チェック)A(行動)を

行ことが求められるのです。

 

仕事は非情ですし、

私たちは機械ではありません。

身も心も疲れることがあります。

 

最近はメンタルケアやヘルスケアなど

働く人をフォローする仕組みも

少しずつ整備されてきています。

 

上手に使って、

非情な環境で燃え尽きないようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

まとめ

今回は

シャア・アズナブル名言

「戦いは非情さ」の意味と使い方は?

についてお届けしました。

 

■「戦いは非情さ・・・。」シャア・アズナブル名言

⇒予定が狂ってしまう

 

■戦いですから、部下への非情も仕方ないかもしれませんが・・・

⇒部下の命の危険を冒してまでの突入を決意

 

■敵に対する非情さの追及こそ指揮官の役割

⇒指揮官は周りに非情と思われても

自分の業務を遂行するべきという考え

 

シャア・アズナブル名言は

指揮官として勝利のためには

何事も妥協しないとう精神を貫く

強い決意が感じられます。

矛盾もあるように感じますが、

非情さに屈せず前向きに頑張っていきましょう!

   

ガンプラ限定品の激安購入方法!極秘

ガンダムキャラ特集

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ